AEAJ認定アロマテラピーインストラクター資格取得への道⑲試験から逃げたくなってしまった方へ

 

 

私は2012年9月に開催された、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター試験に合格しました。

私が試験勉強を始めた時、インターネットなどで勉強の仕方などを検索しましたが、ピンとくる情報を見つけることができませんでした。

 

このブログは、これからインストラクター試験に挑戦される方、挑戦したいけれどためらっている方に向けて書いています。

 

これから試験を受けられるみなさまの、お手伝いをしたいと思っています。

 

(過去記事リンク)

①試験を受ける前に確認しておく事

②お金の事

③認定スクールに通わない選択をした方へ

④問題集の選び方 

⑤問題集の使い方

⑥ノートを作るかどうか

⑦二次試験対策の進め方

⑧学名の覚え方

⑨勉強時間について

⑩勉強がはかどらなくなったら

⑪試験本番 問題の解き方

⑫二次試験のポイント

⑬休憩時間の過ごし方

⑭当日の服装

⑮持ち物の注意点

⑯試験直前の勉強法

⑰資格取得に迷ったら

⑱試験まで2ヶ月を切ったら

 

 

*  *  *  *  *  *

 

2月12日(日)にアロマテラピーアドバイザー講習が終了しましたね。

受けられたみなさま、いかがでしたか?

 

試験への緊張が高まってしまいましたか?

試験まで、あと1ヶ月ちょっと。

いよいよ!という感じがしてきましたね。

 

計画通り勉強を進めて、良いところまできている方、思ったように進まなくて焦っている方がいると思います。

 

 

私の1ヶ月前は、実は後者でした。

もう、まーーーーったく進まなくて、やる気も底をついて、何を隠そう「試験受けるのやめようかしら・・・」なんて思っていました。

「こんな状態で受験しても、ムダムダ。絶対受からないから、逃げちゃえ!半年後もあるしね〜。」って本気で思っていました。

仕事でも入れてしまおうと計画していました。

そう。計画的に、確信犯的に、逃げるつもりでした。

 

 

そんな時に、たまたま「試験に落ちた経験」を話すという機会がありました。

私は、この経験が思い出せませんでした。

どれだけ思い出そうとしても、出てこないのです。

 

 

それは、なぜか。

全ての試験に通ってきたからではありません。

 

 

今までの人生は、「受かりそうなレベルの試験に、確実に受かってきただけ」なのです。

進学の為の受験も、TSCの試験も、全てそうでした。

つまり、「実力よりも難しいことには挑戦せずに生きてきた」ということです。

 

そのことに気づいた瞬間、「痛い!」と思いました。

 

だって、また逃げようとしていたのですから。

 

インストラクター試験の勉強がはかどっていないことに、仕事やプライベートでの言い訳をして、落ちるという経験を避けようとしていました。

 

自分以外の何かのせいにして、頑張れなかったことを正当化しようとしていました。

これでは、今後の人生ヤバいですよね。

 

頑張って落ちるなら、まだ分かります。

頑張らずに落ちるのは、恥ずかしい。

そして挑戦しないことは、もっと恥ずかしい。

 

そう気づいた瞬間、「辞める」のをやめることにしました。

落ちて、ネタにしようって決めました。

 

 

それから、もう一度、問題集に取りかかり始めました。

 

そうしたら、前より解けるのです。

思ったより覚えてるし、スイスイ進む。

学名も忘れていない。

 

それまで2ヶ月間続けてきたことを、私の脳は記憶してくれていたのです。

 

私は、それまでの2ヶ月間頑張ったことを、無駄にするところだったのです。

 

危なかった。気づいて良かった。

本当に、そう思いました。

 

そこからは、以前に書いたような問題集の使い方で、延々勉強を続けました。

 

 

 

試験1ヶ月前まで来たら、これからノートを作る時間はありません。

ノートを作るという用語集を写す作業に時間を使うくらいなら、1問でも多く解いてください。

 

1問でも多く、1回でも多く、1冊でも多く。

 

問題に慣れて、頭に叩き込んでください。

 

本屋さんのアロマテラピーのコーナーへ行って、持っていない問題集をめくって、良さそうな物があったら躊躇せずに購入して挑戦してください。

これから本番までの1ヶ月は、どれだけ解いたかが勝負です。

 

 


2013年02月13日 | Posted in アロマ塾 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す