AEAJ認定アロマテラピーインストラクター試験合格への道④問題集の選び方

 

私は、2012年9月23日に開催されたAEAJアロマテラピーインストラクター試験に合格しました。

 

この記事は、私が試験を受ける前に知っておきたかった手続きの事・必要な費用の事・そして勉強の方法について、今後試験に挑戦される方へ向けて書いています。

 

 

(過去記事リンク)

①試験を受ける前に確認しておく事

②お金の事

③認定スクールに通わない選択をした方へ

 

*   *   *   *   *   *

 

認定スクールに通わない場合は、自分で勉強方法を確立し、効率良く勉強していく必要があります。

 

 

私はノートにまとめるという勉強方法を推奨せずに、問題集を使う方法をオススメしています。

 

アロマテラピーインストラクター試験対策の問題集や参考書籍は、大型書店のアロマテラピーコーナーに行けば買う事ができます。

しかしたくさんありすぎて、どれが良いのか迷う方もおられるでしょう。

 

私は迷わないように、基準を決めて選んでいます。

 

それは、

①とにかく問題数が多い事

②答えだけではなく、根拠となる解説・エピソードが解答欄に書かれている事

③模擬テストが入っている事

④今回の場合は、二次試験の作文対策のための問題が入っている事

⑤問題集に直接書き込めるだけのスペースがあって、書き込んでも滲んだり消えたりしない素材である事

⑥電車やバスの中でも見やすいサイズであること

です。

 

 

私は今回の試験の為にAEAJ発行の用語集や検定テキストを含め、合計11冊の問題集・参考書籍を購入しました。

 

その中でも、試験直前まで使った問題集をご紹介しておきます。

 

①アロマテラピーインストラクター1次・2次試験対応“徹底”対策問題集1000問/長島典子著

 

これは勉強を始めたときから試験直前まで、一番良く使いました。

試験会場でも、この問題集で最終確認をされていた方が多かったように思います。

 

 

 

②アロマテラピーインストラクター精選問題集/武智花梨著

 

これは、二次試験対策の為に使いました。

①の問題集では二次試験対策として作文が重視されていますが、こちらの問題集では記述も練習する事ができます。

 

 

 

③アロマテラピーインストラクターになりたい!試験対策チェック本/HARAJUKU BEE

これは、試験3日前に購入し、最終チェックのために使用しました。
○×形式の問題集で、とにかく問題数が多いので短時間で一気に復習ができます。

 

 

 

私は、これら3冊を組み合わせて勉強しました。

勉強期間に半年程使われる方もおられるようですが、私は合計20時間程しか使っていません。

それは特別に私の能力が高かったからではなく、自分に合った効率の良い勉強の成果です。

 

AEAJによると、アロマテラピーインストラクター試験の合格率は40%です。

私は一発合格したので、「この勉強法で落ちた」という経験談をお伝えする事はできません。

 

次からは、「一発合格したい」「合う勉強法が見つからない」という方へ向けて、私の勉強法を書いていきます。

 


2012年12月06日 | Posted in アロマ塾 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す