AEAJ認定アロマテラピーインストラクター合格への道⑱試験まで2ヶ月を切ったら

 

 

私は2012年9月に開催された、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター試験に合格しました。

私が試験勉強を始めた時、インターネットなどで勉強の仕方などを検索しましたが、ピンとくる情報を見つけることができませんでした。

 

このブログは、これからインストラクター試験に挑戦される方、挑戦したいけれどためらっている方に向けて書いています。

 

これから試験を受けられるみなさまの、お手伝いをしたいと思っています。

 

(過去記事リンク)

①試験を受ける前に確認しておく事

②お金の事

③認定スクールに通わない選択をした方へ

④問題集の選び方 

⑤問題集の使い方

⑥ノートを作るかどうか

⑦二次試験対策の進め方

⑧学名の覚え方

⑨勉強時間について

⑩勉強がはかどらなくなったら

⑪試験本番 問題の解き方

⑫二次試験のポイント

⑬休憩時間の過ごし方

⑭当日の服装

⑮持ち物の注意点

⑯試験直前の勉強法

⑰資格取得に迷ったら

 

 

 

*  *  *  *  *  *

 

2013年3月24日に開催されるインストラクター試験まで、2ヶ月を切りました。

「そろそろ本腰を入れて、勉強しなきゃ」と感じる頃ですね。

 

焦らず、目の前の問題集に向き合っていきましょう。

 

 

私が試験勉強を始めたのは、試験の3ヶ月前でした。

夜勤明けの1時間〜1時間30分だけ、スターバックスで勉強するというスタイルを取っていました。

私の試験2ヶ月前と言えば、1冊目の問題集も半分くらい、学名も20個くらいしか覚えられていませんでした。

 

私は、ガチガチに計画して『義務』にしてしまうと嫌になってやめてしまう傾向があります。

だから自分の体力や記憶力、集中力が保てることを優先に、「試験までに、問題集を2冊×5回ずつ終わらす」ことだけ決めて進めていました。

 

この時期の勉強も、

問題を解く→間違える→解説を読む→解説を覚える→その問題に付随する他のこと(ちなみに)を用語集などで確認→ちなみにを覚える→問題に戻る→答え・解説・ちなみにを口に出して言ってみる→解説・ちなみにを確認→合っていれば次のページ

一つの章が終わったら、その章の最初から繰り返す×5回

というやり方を繰り返していました。

 

このやり方は、一つの章を終えるまでに時間がかかります。

ただ、1度このやりかたで覚えたページは、時間が経ってから問題を見ても、答え・解説・ちなみにがゼロ秒で口から出てくるようになります。

1冊目の問題集が終わり2冊目・3冊目に取りかかった時には、ほとんど間違えずに解けるようになっています。

一見時間がかかりますが、勉強のペースが後に行けば行く程上がっていく方法なのです。

 

今思えば、解説・ちなみにを覚えることが二次試験対策になっていました。

 

 

この時期にとにかく心に決めていたのは、

焦らない

ペースを乱さない

やめない

やり方を変えない です。

 

私は、看護師国家試験もトータルスキンカウンセラーの試験も、このやり方で合格していました。

「私には、このやり方が一番合っている」という思いがありました。

だからペースが遅くても、諦めず・焦らず進めていくことができたのです。

 

 

 

今、自分に合う勉強方法が見つかっている方は、そのやり方を続けてください。

無理に勉強のやり方を変えることは、お勧めしません。

 

見つかっていなくて心が折れかけている方は、上に書いた方法を試してみてください。

最初はやりづらい方法かもしれませんが、慣れてくると徐々にペースが上がってきます。

試験2ヶ月を切っても、巻き返せる方法だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2013-01-28 | Posted in アロマ塾No Comments » 

関連記事

Comment





Comment