AEAJ認定アロマテラピーインストラクター試験合格への道21 明日は、いよいよ試験です。

 

(過去記事リンク)

 

①試験を受ける前に確認しておく事

②お金の事

③認定スクールに通わない選択をした方へ

④問題集の選び方 

⑤問題集の使い方

⑥ノートを作るかどうか

⑦二次試験対策の進め方

⑧学名の覚え方

⑨勉強時間について

⑩勉強がはかどらなくなったら

⑪試験本番 問題の解き方

⑫二次試験のポイント

⑬休憩時間の過ごし方

⑭当日の服装

⑮持ち物の注意点

⑯試験直前の勉強法

⑰資格取得に迷ったら

⑱試験まで2ヶ月を切ったら

⑲試験から逃げたくなってしまった方へ

⑳試験1週間前にやること 

 

 

*  *  *  *  *  *

 

 

いよいよ明日ですね。

 

身体の調子はいかがですか?

 

今日は、明日の試験に良い心と体調で臨めるように調整日にしましょう。

 

 

私の試験前日は、学名の見直し、○×形式の問題集、次試験の練習問題をしていました。

苦手な免疫と細胞の分野を中心に見直しをしました。

 

あとは忘れ物をしないように、写真付き会員カード、受験票、鉛筆、消しゴム、シャーペン、最後に見直したい問題集などを鞄入れて準備をしていました。

 

忘れ物は焦りの原因になりますから、記事⑮を参考に見直してくださいね。

 

ここまできたら、覚悟を決めるだけです。

新しいことをしようとすると、焦りだけが募ります。

 

 

大事なのは、ペースを崩さない事。

 

 

試験は、敵ではありません。

今後、インストラクターとして活動していくために必要な知識の確認です。

資格という自信、信頼、責任をくれるために、背中を押してくれる追い風のようなものです。

 

インストラクターの勉強は、辛かったですか?

私には、とっても苦痛に感じた時期がありました。

 

それでも、インストラクターの試験勉強で自分の知識量が増え、今までと違う角度で精油を選んだり、生徒さんに提示できるようになりました。

精油の化学も苦手だったけれど、何と試験の後から、とっても面白い物だと気づきました。

試験勉強の時に、この面白さに気づいていたら!と、苦痛に感じていたあの時間を、もったいないと感じています。

 

今は試験勉強で得た知識だけでも、この試験に挑戦する価値があると感じています。

 

 

「試験の為」の勉強は苦痛でしかないけれど、その先には、今までとは違う可能性が広がっています。

 

試験を受ける目的は資格取得だけではなく、自分の可能性を広げたり、大好きなアロマを仕事にしたり、自分や自分の周りの大切な人の心と身体を守っていきたいという目的があったはず。

 

そのワクワクする気持ちを、思い出してくださいね。

 

 

さぁ、今までの自分を信じて、いってらっしゃい!

 

 


2013年03月23日 | Posted in アロマ塾 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す