AEAJ認定アロマテラピーインストラクター試験合格への道⑪試験本番 問題の解き方

 

 

私は、2012年9月23日に開催されたAEAJアロマテラピーインストラクター試験に合格しました。

 

この記事は、私が試験を受ける前に知っておきたかった手続きの事・必要な費用の事・そして勉強の方法について、今後試験に挑戦される方へ向けて書いています。

 

 

(過去記事リンク)

①試験を受ける前に確認しておく事

②お金の事

③認定スクールに通わない選択をした方へ

④問題集の選び方 

⑤問題集の使い方

⑥ノートを作るかどうか

⑦二次試験対策の進め方

⑧学名の覚え方

⑨勉強時間について

⑩勉強がはかどらなくなったら

 

 

*   *   *   *   *   *

 

 

「始めてください」の言葉で、問題用紙と解答用紙を裏返す瞬間。

平静を装っているつもりでも、意外に緊張しているものです。

 

そんな開始早々に、分からない問題が出てしまったら?

小さなパニックを起こして、ペースを乱してしまいます。

 

試験中に大切なのは、ペースを崩さない事です。

近隣の席の人が、どれだけガリガリ解いていても、自分のペースを守ってください。

 

 

 

私は試験が始まると、とにかく一問目から順番に全部解きます。

その時、解くのと同時に問題番号に、○△×を付けていきます。

 

「これは、自信あり(自信度90〜100%)」が○、「あっ、これ、どうだったかな?(自信度80%)」が△、「これは、ちょっと分かんないな(自信度80%以下)」が×です。

 

 

そして1回目の見直しでは、名前・受験番号は正しく書いてあるか、問題の読み間違いがないか、ケアレスミスがないか、マークシートの塗り間違いがないかをチェックします。

 

解答間違いの見直しは、○を付けた問題のみ行います。

 

 

 

2回目の見直しでは、1回目の見直し項目+○と△の問題の解答間違いをチェックします。

 

△の問題は、「多分、イケてる」という程度の自信がある問題なので、よっぽどの確信がない限り答えを変更する事はありません。

 

迷ったら、1回目に選んだままにします。

 

 

3回目の見直しでは、1回目の見直し項目+○△×全ての問題の解答間違いをチェックします。

○△は、確信を持てない限り答えは変更しません。

×の問題は「分からない」という種類ものなので、最初から加点していません。

ですから、少しだけ悩んで考えてみます。

 

そうすると、△にしていた問題の正当を思い出したり、運良く×の問題の答えが分かることがあります。

 

3回目の見直しが終わっても時間が余っているようなら、4回目の見直し(3回目の見直し項目と同じ)をします。
こうして3回目(もしくは4回目)の見直しが終わったら、○=( )%、○+△=( )%というように、点数を計算してみます。

 

 

 

そして合格基準に対して、自分がどのくらいの位置にいるのかを確認します。

 

 

AEAJによると、アロマテラピーインストラクターの合格基準は、正答率80%です。

 

自分で計算した時点で80%に満たないと感じたら、次回の挑戦のために△と×の問題を中心に、どんな問題がでたのか、どの分野の問題に答えられなかったのか、頭に焼き付けます。

 

 

そうすると次回挑戦時は、できなかったところを中心に強化して勉強していく事ができます。

 

 

試験中にダメかもと思っても、諦めないでください。

 

 

試験問題を実際に解いた事は、絶対に力になります。

 

 

チャンスは、半年に1回あります。

 

 

次の機会は、すぐに巡ってきます。

 

 

ダメかもと思っても諦めない、やめない事が、合格への近道です。

 

 

 

 


2012-12-24 | Posted in アロマ塾No Comments » 

関連記事

Comment





Comment