AEAJ認定アロマテラピーインストラクター試験合格への道⑮持ち物の注意点

 

 

私は、2012年9月23日に開催されたAEAJアロマテラピーインストラクター試験に合格しました。

 

この記事は、私が試験を受ける前に知っておきたかった手続きの事・必要な費用の事・そして勉強の方法について、今後試験に挑戦される方へ向けて書いています。

 

 

(過去記事リンク)

①試験を受ける前に確認しておく事

②お金の事

③認定スクールに通わない選択をした方へ

④問題集の選び方 

⑤問題集の使い方

⑥ノートを作るかどうか

⑦二次試験対策の進め方

⑧学名の覚え方

⑨勉強時間について

⑩勉強がはかどらなくなったら

⑪試験本番 問題の解き方

⑫二次試験のポイント

⑬休憩時間の過ごし方

⑭当日の服装

 

 

*  *  *  *  *  *

 

 

インストラクター試験に必要なものは、

・受験票

・顔写真入りAEAJ会員カード

・筆記用具:HB〜Bの鉛筆、消しゴム、シャープペンシル(できれば複数)、シャープペンシルの替芯

・時計

です。

 

 

筆記用具は、普段から使っている使い慣れたものを持っていきましょう。

 

 

ただし、一次試験はマークシート方式です。

マークシートを塗りつぶす為にシャープペンシルは適しません。

一次試験用にHB〜Bの鉛筆を持っていきましょう。

鉛筆の芯の先は、少し丸めておくとマークシートを塗りやすいです。

 

 

 

二次試験は記述+小論文です。

「書く」ことが必要になるので、普段から書き慣れたシャープペンシルや鉛筆を持っていきましょう。

 

鉛筆もシャープペンシルも、芯が折れては書けません。

もしもの時用に、複数用意しておきましょう。

 

 

また消しゴムですが、角が丸くちびてしまっているものは避けましょう。

私は普段から使っていた丸くなったものを持っていったのですが、試験中にコロコロ落としてしまい、試験監督の方に拾っていただくという恥ずかしい経験をしました。

 

 

消しゴムは、きれいに消えるかも重要です。

マークシートの答えを消した時に、消えが甘いと採点されないからです。

当日用に新しいものを!を気合いを入れて準備しておくと、どの程度消えるのか、使いやすさはどうかなど分かりません。

新しいものを買ったら、使って感触を確かめて、手になじませておく事を忘れないでください。

 

 

 

最近は携帯電話が時計代わりになっている為、腕時計をする習慣がない方も多いです。

 

私が受験した神戸の会場には、大きな時計がありましたが、他の会場はわかりません。

出来れば腕時計を用意して、時間をチェックできるようにしておきましょう。

 

ちなみに私は、当日時計を忘れ、試験前に100円均一で買いました。

 

 

試験会場は、アウェイです。

使い慣れた筆記用具や時計は、一緒に勉強してきた仲間です。

一番の味方に、一番近くで応援してもらいましょう。

 


2013年01月06日 | Posted in アロマ塾 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す