2011年7月5日

さくら14歳11カ月。

呼吸はいびき様だけど、規則的。

ときどき舌根沈下っぽくなる。

手足の先が少し冷たい。

目が半開きだから、ヒアレインを頻回に点眼する。

下痢が続く。

腸炎っぽい感じのにおいがする。

お尻が赤くなってきているので、クリームを塗る。

けいれんは治まっている。

意識も戻らない。

さくらは、右を下にして寝るのがすきだけど、

褥瘡予防のために時々左下を向くように体位変換をする。

我が家のわんこをきれいにしてくれているトリマーさんが面会に来てくれた。

わんこは最期の時が近づくと、においが消えるそうだ。

そういえば、さくらもけいれんが起こってからにおいがない。

4月の時もそうだったなと思い返す。

ホリゾンのルートが閉塞しやすくなってきた。

ルート内に結晶がある。

けいれんもおさまっているし、17:40にホリゾンを減量する。

ポンプのアラームが鳴る。

ホリゾンのルートが閉塞しているようだ。

けいれんもおさまっているし、20:00ホリゾンをオフにして輸液だけにする。

それでもけいれんは起きない。

意識も戻らない。

ホリゾンの排泄半減期は24時間から57時間。

まだわからない。

希望は捨てない。

今、これを書いている瞬間も、さくらは私の隣で生きている。

IMG_0321


2011年07月06日 | Posted in さくら | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す