12月5日 コスメを読むセミナー〜香りの成分を知る〜

12月5日に、
日本化粧品検定協会主催の
「コスメを読むセミナー〜香りの成分を知る〜」に参加しました。

DSC_0790(2009年に訪れた、フランス グラースのガリマールにて)

第1部は、「香りの嗅ぎ分けと調香体験」です。

東京農業大学の、藤森 嶺(ふじもり たかね)教授のセミナーでした。

 

香りとは、嗅覚とは、調香とは、香りをみる視点とは、
など講義を受けた後は、
いよいよ調香と処方です。

今回はローズの香りと、ジャスミンの香りを自分で作りました。

 

まずは、女性に大人気のローズです。

ローズの香気成分である
フェネチルアルコール、ゲラニオール、シトロネロール、
ネロール、オイゲノール、βーダマセノンを単体で香ります。

その感覚を基に、
スタンダード処方を参考に、オリジナルの香りをブレンドします。

IMG_4378

私が作ったローズは、真ん中と右です。

はじめに、真ん中の「R」と書いてある蓋のものを作りましたが、
どうにも香りがしなくて、直接先生にご指導頂きました。

スタンダードに比べて、フェネチルアルコールとゲラニオールが少なく、
βーダマセノンが多かったのが原因のようです。

「特徴のある成分は、増やすと悪目立ちするよ」とアドバイスを受けて、
スタンダートに近づけた処方にしたのが、一番右の白い蓋のものです。

「R」は花の蜜のような香りが強かったのに比べて、
白い蓋は、花の香りになりました。

 

続いては、ジャスミン。

ベンジルアセテート、ヘキシルシンナミックアルデヒド、インドール、
リナロール、マルトール、オイゲノール、ジヒドロジャスモン酸メチル、
といった、ジャスミンの香気成分を香り、ローズと同様にブレンドします。

これは、スタンダードより少し香りが強くはなりましたが、
ジャスミンの素敵な香りとなりました。

今回作成した香りは、皮膚につけたり、食したりは出来ませんが、
香気成分を直接香り調香するという体験は、なかなか出来ません。
香りはサードメディスンの知識と合わせて講義を聴いていると、
かなり興味深いものだと、改めて感じました。

 

また、ガリマールにも行きたいな。

IMG_4377

今回の香りは、時々、香って楽しもうと思います。

 

〈お知らせ〉
=====
【サードメディスン入門講座】
(プロも知らないメディカルアロマ)

講師:Ecole de la Peau nue 神沢充美

主要時間:6時間
*1日の単発講座です。

受講料:
Aコース:35,000円(消費税・諸経費込)
Bコース:2,4000円

*各コースについては、こちらからご確認ください。

場所:淀屋橋駅から徒歩6分 AAホール本館(予定)
お申し込みは、こちらから→お申込み

*受講後は、(一社)サードメディスン・プロジェクトより
認定証が発行されます。


*受講料は前振込みです。

お申込みの方に、お振込み先を連絡致します。
受講料の返金はできませんので、ご了承ください。


*受講にあたり、講座受講規約9条~23条をご参照ください。

=====
【講座内容】

ようこそ サードメディスンの世界へ!
サードメディスンとは
においを感じる仕組み
香りで心と体のバランスがなぜわかる?
・アロマテラピー
精油とは
抽出方法
アロマテラピーにおけるイギリス式とフランス式の違い
アロマテラピーによる精油の使用方法
ケモタイプ精油とは
精油が身体に作用するメカニズム
禁忌・注意事項

・伝承重視と根拠重視のアロマテラピー
基本の精油8種類
サードメディスンとは、
嗅覚の反応を活用して心身の状態を分析することで、
個人にあったより良い選択(健康法・食事法・運動法など)が
できるようにする理論です。
(一社 サードメディスン・プロジェクトHPより抜粋)

サードメディスン・プロジェクト

=====

◆只今、12月・1月のご予約を受け付けています。

【ご予約可能な講座】

・コスメ塾(1日単発:約2時間)

・ハンドメイドコスメティックスアドバイザー養成講座(5時間×4日間+検定45分)

・サードメディスンチェック(1日単発:30分〜40分)

・サードメディスン入門講座(1日単発:6時間)

☆ご希望のお日にちなどを、合わせてお知らせください。

お問い合わせ・お申込みは、こちらから。

=====

薬用重炭酸湯 HOT TAB 販売中です。

A01-001186_エコール-ドゥ-ラ

 

 


関連記事

コメントを残す