1番無縁だと思っていた検定を、受けてみました。

6月21日に私の人生で
最も無縁だと思っていた検定を受けました。

それは、秘書検定です。

結果は、

image

無事、合格でした。

ひとまず、ホッ。

 

こうやって合格すると、
「やっぱり、頭がいいから」
「勉強できるから」って
褒めてもらうことがあります。

 

私は、勉強ができる人間ではありません。

 

高校は、その地区で下から3番目くらいのレベル。
看護短大も、評定平均が低めのところ。
短大時代も、追試を受けたこともあります。

 

努力も大嫌い。
暗記ができない。

 

コツコツとか、本当に無理。
少しでも、楽したい。

 

だけど短大も就職も、
その後に自主的に受けた検定も、
全部受かってきました。

 

それは、
「受かる勉強のしかた」を知っているからです。

 

ヤマカンなんて必要なくて、
受かるやり方を知っているかどうか。

受かるための勉強ができるかどうか。

それに尽きると思うのです。

 

勉強のしかたは、
以前も記事にしたことがあります。

2年も前の記事ですが、いまだに何度も読まれています。

 

勉強法だけで受かるなんて、
めちゃくちゃ嫌なヤツですが、
試験は合格してナンボだと思っています。

 

勉強して身についた内容は、実力です。

 

今後も試験を受けることがあれば、
1発合格を目指していきます。

 

 

とか格好つけていますが、
再試験とか心が折れてできないだけなんですけどね〜。。。

 

ただのヘタレです。。。

 

image(ねぇさん、相変わらずちっせえよ。)

 

 

 


2015年07月05日 | Posted in 日々の出来事 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す