身体を温めるも冷やすも、本能に従う。

「身体は温めた方が良い」
「お腹は冷やしちゃいけない」
「頭寒足熱」
「靴下は重ねばき」
「半身浴が良い」など、
色々な健康情報があって迷います。

 

日々新しい情報が更新されて、
昨日まで信じていたことが
今日には覆されたりする。

それが、健康情報です。

 

私はサードメディスンがあるので
迷うことはなくなりましたが、
我が家にはそれを超えた師匠がおりました。

IMG_3765

いちご師匠です。

 

どんなに暑い日でも、
クーラーの効いた部屋にいたら
身体が冷えてきます。

 

彼女はそんな時、
庭へつながる窓のところへ行き「ワン(お外行くの)」。

ウッドデッキにでて、写真のようにお腹を温めます。

image

image

温まったら「ワン(お家入るの)」。
お水を飲んで、快適な室内で昼寝再開です。

 

 

 

クーラーが効いていない時は、
家の中でも風通しの良い場所で快適に過ごします。

 

image

玄関には、クーリングマットが置いてあります。

ひんやり気持ち良さそうです。

 

冷えたら、温める。
温まり過ぎたら、快適に冷やす。

 

ちなみに、いちご師匠は、
「少し太ったかな」と感じると、
自主的にご飯を残したり食べなかったりします。

お陰様で、
ぽっちゃりしていますが健康です。

 

 

 

誰に教えられたわけでもないのに、
自分の体調が良いように
バランスをとりながら生きています。

 

本能で生きている動物に、
理性の人間はかないません。

 

もっと本能に従えば、快適に生きることに繋がりますね。

 

 

 

理性優位の人間ですが、
唯一本能優先なのは嗅覚。

 

そんな嗅覚を利用したサードメディスンは、新しい健康法です。

 

一度、本能に戻ってみませんか?

お問い合わせはこちらから→お問い合わせ

サードメディスンチェック

サードメディスン入門講座

 

 

 


関連記事

コメントを残す