脳もトイレに行かなくちゃ。

 

毎月参加している素美子塾で、『モーニングノート』というものを紹介していただきました。

 

起床時に、思考の流れのままに頭に浮かんだことを書き出していくノートです。

本来は、ノート3ページ書くようですが、頑張りすぎると負荷になるので、まずは1ページ書いています。

 

これ何が良いかって、『見直し禁止』なのです。

自分で書いたものなのに、自分のノートなのに、見直したらダメというルール。

 

 

絶対に見直さないから、字が汚くても、ひらがなだらけでも、愚痴やネガティブなことでも、しょうもないことでも、何でも書けるんです。

頭に浮かんだ通りに、「あー、仕事行きたくないなー。もっと寝てたいよう。首、寝違えたかも。いったーい。あっ、パンが食べたい」みたいに。

しょうもないですよね。

これで、良いんです。

 

 

以前イライラが止まらなくなってしまった時に、自分の持っているノートに頭に浮かんだままを書き出したことがあります。

自分しか見ないノートのはずなのに、「見直したときのために」なんて、自分に気を遣って言葉を選んで、最後がポジティブになるように無理矢理に結論づけていました。

 

だから思った程スッキリしなかったり、「あそこに置いてあるんだよなー」と、そのノートの存在がのしかかってきて、何となく後味が悪いまま。

 

 

見直し禁止のモーニングノートなら、書いたことを「ポポイのポーーーイ」と、頭の中から捨てられるのです。

書いた内容を、何にも思い出せない。

書いたという行動すら、忘れてしまうことがあるくらい。

いい具合に、忘れっぽくなれます。

 

モーニングノートは、脳の雑念や思考のゴミを掃除して、「脳の排水」をしてくれるそうです。

続けていくうちに、直感力や洞察力がついて、創造性が高まるとのこと。

 

書くだけでスッキリして、ご機嫌になれるから、何だか運気も上がりそうな気がします。

 

 

自己流の『吐き出しノート』とは、似ているようで全く違う『モーニングノート』。

出すだけ出して、さっぱり流す。

トイレに行った後のような、爽快感。

画期的です。

 

 

 

 


2013年06月09日 | Posted in 日々の出来事 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す