第18回 化粧品原料基礎セミナー に参加しました。

6月9・10日に、
株式会社マツモト交商主催
【第18回 化粧品原料基礎セミナー】に参加しました。

化粧品に携わる方々しか参加できないセミナーですが、
今回は、コスメコンシェルジュ枠で運良く入れていただきました。

 

界面活性剤
ポリマー
防腐剤
乳化剤
化粧品用天然原料
シリコーン
増粘剤
パール顔料 のことなど、
化粧品を開発されている方しか知らないような
内容ばかり。

中には、ちょっと分からなすぎて・・・
という講義もありましたが、
化粧品業界というのは化学や物理を駆使して、
肌悩みを解決するために日々研究されている
ということを改めて感じました。

ブースでは、実際にポリマーや顔料を触れ、
感触を確認してきました。

 

0065f2ef3fa40ac0226517252be881a5_s

私たちの手元に届く化粧品の先にいるのは、
開発に関わってくれた人。

開発に関わる人の先にいるのは、
私たち消費者。

一つの化粧品というモノを介して、
私達は、人と繋がっています。

だから化粧品原料を知らぬまま、
「ケミカルはダメ」
「合成界面活性剤は良くない」というのは、
開発に人生をかけている方がいるのを忘れてしまっていますね。
手作りコスメにもメリット・デメリットがあります。
開発された化粧品にも、メリット・デメリットがあります。

どちらも知って、フラットな考えで、自分で選択できる。

その選択肢や知識を、
塾ではお伝えしていきますね。

 


2014年06月11日 | Posted in コスメコンシェルジュ | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す