私はあなたが、何もできなくても一番に連れて行く。

この間、【映画】ジュラシック・パーク シリーズを観た時の
記事を書きました。

 

jurassic-world_01

 

第2作のロスト・ワールドでは、
ティラノサウルスがサンディエゴの住宅街で
大暴れするシーンがあります。

imagespacerakutencojpdstrgctrl943c71f788587c46fee70b6c9ca4523857652553b36292jpeg

このシーンを見た時に、
「うちの庭に、ティラノサウルスがでたらどうしよう」と
かなり真剣に考えました。

 

まずはシーズー達にリードをつけ、
抱えて離れないようしてから、
父と母を連れて、そうっと逃げる。

 

その時、父と母が走れなくても慌てずに、
隠れられるところを探して、
騒いでもなんでも連れて行く。

 

怪我をしたら、おぶってでも連れて行く。

 

ティラノサウルスに見つかったら、
私が囮になって逃す。

 

家族が何もできなくても、
一番に連れて行くのだ。
特にシーズー達は、守り抜くのだ。

この子達は、生きているだけで価値があるのだから。

と、脳内シュミレーションをしました。

 

IMG_3755

 

 

でね、ここで気付いたのです。

これ、友達でも同じようにするって。

 

家族だからではなくて、
私の友達でも、
その人が何もできなくても、
怪我をしていていても、
騒いでも、
走れなくても、
背負ってでも、
囮になっても、
絶対に連れて行くって。

 

生かすって決めたんです。

 

その人にサバイバル能力がなくても、構わない。
何もできなくても、構わない。

 

一緒に生きたいから、
大事だから、
大好きだから、
ただそれだけ。

 

 

でもね、自分に置き換えた時、
「私に何か能力がないと邪魔になるから、仲間に入れてもらえない」
「連れて行ってもらうために、何ができるだろう」って
考えていたのです。

 

「まーじーかーーー」ですよ。

 

私が家族や友達を好きなのは、大切なのは、
その人が何かを出来るからではなくて、
掛け値なしに
ただいてくれるだけで良いと思っているのに。

 

自分に対しては、
何かできないと仲間に入れてもらえない、
その場にいちゃいけないと思ってるんですよ!!!

 

なんとーーー!!

 

どれだけ自分を仲間外れにしたいんだと、
かなり驚きました。

 

自分の価値を、低く見積もり過ぎているやろうと。

 

 

人に対しては
「いてくれるだけで、価値がある」と思っているのに、
自分には、
「いるだけでは、価値がない」と真逆だったのです!

 

あぁ、衝撃。。。
もう、脱力。

 

 

という話を、
中谷塾仲間の榊田未央さんに聞いてもらったところ、
「みつみちゃんが何かできるから、
一緒にいたいって思うわけじゃないよ。
何もできなくても、良いんだよ」と
言葉にして言ってくれました。

 

自分の存在価値を認めてないのは、自分だけ。

 

私が相手のことを大切に思うように、
私のことを大切に思ってくれている気持ちを、
受け取らないように、受け取らないようにと
生きているということです。

 
なんとまぁ。。。
失礼な話ですよね。

 

私を愛してくれているみなさま、
信頼していなくてごめんなさい。

やっと、気づきました。

もう、そのまま愛を受け取ります。
はぁ〜、もう脱力。

なんだか、一皮向けた気がします。

 

気づかせてくれてありがとう、
ジュラシック・パーク。

ジュラシック・ワールドも観に行くからね。

 

 

 


2015年08月03日 | Posted in 日々の出来事 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す