新しい靴を買ったら

 

夜におろしちゃいけないって、本当ですか?

 

新しい靴を買いました。

 

 

今まで、「女性たるもの、多少ヒールのある靴でなきゃ!」と思っていて

7~9cmくらいの物をはいていまいした。

 

でもね、私、歩くんです。

3~4kgくらいの荷物を持って、30分とか。

 

結構このヒール、辛いんです。

 

ヒール部分を直しても、靴自体がすぐに合わなくなっちゃう。

そして足が痛くなって、歩き方がカッコ悪くなる。

 

それって、キレイじゃないなーと思ったのです。

 

しかも一回ダメになった靴は、どれだけ中敷きを変えても復活しない。

 

勿体ないなぁって思っていました。

 

ということで、昨日買ったのは、なんと4cm。

 

低いヒールの靴なんて、きれいに見えないよなぁと思っていたけれど、

はいてみたら意外や意外。

 

かわいいのです。

 

きちんと感も、ちゃんとある。

 

「なぁんだ♪」って嬉しくなりました。

 

 

でね、思い出しました。

 

ヒールが高くないときれいに見えないと思っていたのは、

本にそう書いてあったり、

美人の友達が7~10cmヒールの靴を履いているから。

 

 

誰かに影響されて、思いこんでいたことでした。

 

自分の目で、ちゃんと確認するのを忘れてた。

自分の価値観で、見ていくことを忘れてた。

 

誰かに似合うものが、私に似合うとは限らない。

 

高いヒールの時と低いヒールの時と

使い分ければ良かったんじゃん!って。

 

何で、こんな簡単な答えに行きつかなかったのか。

すっごく不思議だけれど、

思い込み・ブロックってこうやって自分に影響して、

こうやって外れるんだなぁと実感しました。

 

 

 

新しい靴のお陰で、気づけた自分の思考のクセ。

他の事も、見直してみよう。

 

 

 

 

今回の御縁は、この靴。

私の足元を支えてくれる、頼もしいパートナーです。


2012年09月28日 | Posted in 日々の出来事 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す