感じるカラダを作ってます。

 

姿勢の話です。

 

IMG_0482

 

 

 

ピラティスへ行き始めて1ヶ月。

週に1回で、たった4回。

 

 

それでも着実に、姿勢を感じるカラダになりつつあります。

 

 

お腹を意識すると肩が上がるなとか、反り腰になりやすいなとか、踵に重心が乗ってるなとか、右の膝が開きやすいなとか。

上の写真も、肩が上がってしまっています。

 

 

今までなら気づけなかった姿勢の崩れに、だんだん敏感になってきました。

 

 

去年は猫背を骨格のせいにして、治そうという努力をしませんでした。

秋から整体へ通い始めて少しずつ姿勢に対して前向きになって、運動経験ゼロの私が、ピラティスまで始めてしまいました。

 

ジムも水泳もウォーキングも、何も続いたことはなかったけれど、今回は「続けたい」と構えずに思える。

 

 

「続けなきゃ」と「続けたい」。

違いを実感しています。

 

 

今までやってきた、カラダとココロへの向き合い方とは違った角度のアプローチ。

 

自分のカラダに今まで以上に敏感になってきたことは、私が伝え続けていることにもきっと役立つのだろうなと感じています。

 

まだ、どんな風にメソッドに繋がってくるのかは分からないけどね。

 

もっと感じるカラダになって、人のカラダにも敏感になりたい。

「続けたい」の感覚を信じて、突き進みます。

 

 

 


2013年06月12日 | Posted in 日々の出来事 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す