その服は、私に希望をくれるか。

好きな服って、どんな服ですか?

私が好きな服は、

・胸の大きく開いたもの
・ワンピース
・体に程よく沿ったもの
・素材が柔らかいもの
・薄いもの
・花柄
・カシュクール
・膝より少し上の丈
・ヒールの高い靴  です。

IMG_4531(撮影:岸千鶴さん)

 

その反面、ユニクロのブラトップのような楽チンなものも好きです。

 

どちらの方が自信をくれるかといえば、
もちろん胸の開いたワンピースです。

外国ではポピュラーなこの格好も、
日本では「胸見えすぎ!」と言われてしまうこともしばしば。

心の中では、
「えー、いいじゃん。全部見えてるわけじゃないし。
インポートのワンピースなんだからそうやって作られてるのに」
と思っていながらも、周りの声に合わせていました。

 

でもね、もうやめました。

キャミソールをワンピースの下に着るとモサモサするし、
心地よくないのです。

自分が心地よくない着方をして、その服が生きるわけがなく、
心地悪いままで私が魅力的に見えることもありません。

だから、堂々と。

着たいように着ることにしました。

 

昨日「もう着たいように着る!」と決めて、
ワンピースとピンヒールで外出しましたが、何と気持ち良いこと。

始終ご機嫌で、楽しく過ごせました。

 

たかが服、されど服。

 

小さいことを我慢しないこと、

TPOからズレすぎて失礼に当たらなければ
チャレンジしてみること、

自信をくれる服を着ることの大切さを実感しました。

 

中谷彰宏先生も
「その服は、私に希望を与えてくれるか」を考えようと、
本の中で言われています。

 

服を選ぶときトキメキだけでなく、
「希望をくれるか」を基準に選ぼうと決めました。

 

 


2015年05月20日 | Posted in 日々の出来事 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す