この言葉に愛があるなんて

 

知りませんでした。

 

この本に出会うまでは。

 

 

 

 

 

この本の中ではきっと、「ブス」と書いて「愛してる」と読むのだと思います。

 

 

 

 

理想のパートナーシップは、人によって違います。

 

 

 

 

だけど、こんなに愛されて、

 

生きることを捧げてもらって、

 

幸せでない女性はいない。

 

 

 

そして自分にかけてもらった愛を

 

相手を愛すという形でお返しできることほど幸せなことは、

 

きっとないだろうと思うのです。

 

 

 

 

この本のお陰で、

 

いつか巡り合えるパートナーに『愛してる』を言える日が、

 

とても楽しみになってきました。

 

 

 

きっとその日は、温かくて幸せなんだろうなぁなんて妄想して

 

今からワクワクしています。

 

 

 

あっ、そしてその日が意外に近いと、ものすごく嬉しい!って付け加えておこう。

 

 

 

 

 


2012年10月01日 | Posted in 日々の出来事 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す