「触って良い?」が、一番の褒め言葉です。

先週の土曜日、「みつみちゃんの肌は、すりすりしたくなる」
「頬ずりして良い?」と言ってもらいました。

そして、実際に、スリスリしました。

女性と。

IMG_2796.JPG

(男性ともスリスリしたいなー。。。)

 

肌が荒れていた頃は、自分で顔を触るのも嫌でした。

ブツブツしていて、ザラザラで、
「ツルツル」なんて表現が全くわかりませんでした。

だから今みたいに、
「肌を触って良い?」と聞いでらえること、
スリスリしたいと思ってもらえること、
全てが喜びです。

 

肌がきれいになって一番良かったのは、
自分の顔を触るのが好きになったことです。

もちろん毎日起きるのが楽しみになって、
スキンケアのストレスはなくなりました。

肌の調子を崩すことはありますが、
その時々に応じた対処方法もわかるし
すぐに調子は戻ります。

 

「手作りコスメを始めていなかったら、どうなっていただろう?」と思います。

本当に想像がつかないけれど、ストレスいっぱいで過ごしていただろうな。
そして、自分のことが嫌いだっただろうなと思います。

分厚いメイクになって、欠点を隠すことに集中して
元々の色の白さもキメの細かさも、
何も生かせなくなっていただろうなと。

今の肌は、私そのものです。
シミもあるし、
ニキビの痕も残っているし、
荒れるときもあるし、
乾燥するし、
放っておくとすぐ拗ねる。

でも、そんな自分の肌が愛おしくて大好きだと
声を大にして言えるのです。

 

スキンケアのストレスフリーを手に入れる。

これを目標にしたことはなかったけれど、
気がついたら到達していました。

 

「私もそうなってみたいな」って少しでも感じたら、
いつでもお待ちしていますね。

 

 


2015年04月15日 | Posted in 日々の出来事 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す